×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボウリングのコツ

ボウリングのコツは、凄く簡単なことなのです。でも、ボウリングの上達のコツは、きちっとしたコーチにつくと教えてくれるのですが、でも、そのコーチに出会うことはまれなのです。ボウリングのプロに習うこともできますが、ボウリングのプロは、投げるプロであり、教えるプロではないのです。ボウリングのカーブやシュートボールも、少しのコツで投げることが出来るのですが、そのコツを効果的に教えてくれる人は少ないのです。このサイトでは、上達のコツについて考えて見たいと思います

ボウリングのコツ

ボウリングのコツは、凄く簡単なことなのです。

ボウリングのコツは、ボウリングの先進国である、

アメリカのプロであるPBAの投げ方が参考になるのです。

ボウリングの投げ方のコツは、

PBAの投げ方のように、人間工学に基づき、

無理をしない投げ方がいいのです。

でも、昔の日本の投げ方は、

身体を正面に向けて、リフト&ターンでカーブをかけていました、

また、肩を水平に保つなど、

身体に負担をかける投げかたなのです。

今でも、この投げ方が正しいと思い、

腰や腕を痛めているプロボーラーも沢山いるのです。

PBAの投げ方は、ジャパンカップの放映や、

ユーチューブのような動画サイトでも、

簡単に見られるようになったのですが、

上位にくるPBAのプロボーラーは、

そのように、身体に負担がかかるような投げ方をしていません。

投げ方の動画見てもらえば判るのですが、

ボウリングの投げ方は、以前では考えられない投げ方です。

ボールを高く振り上げ、肩を開いてスイング、

そのまま、肩が下がったままスイングして、

スライドなしでボウリングのボールを投げるように変わったのです。

ボウリングのコツは、このように凄く単純なのですが、

すべてが、リズムを重視するものなので、

この、簡単なボウリングのコツは、すぐに身に付くものではありません。

ボウリングのコツを身につけるためには、

他のスポーツのように、反復練習をして、

何も考えずに、この投げ方が出来るようにしないといけないのです。